· 

鹿児島酒造と契約へ②

鹿児島酒造
鹿児島酒造
鹿児島酒造
鹿児島酒造

R2年12月11日私は鹿児島酒造様と契約するため鹿児島空港から1時間程レンタカーを走らせ鹿児島県阿久根市の鹿児島酒造様を訪問しました。

 

蔵の入り口には「細野商店様 歓迎」の文字が。その歓迎の看板を見て移動の疲れが消えて次第に緊張感へと変わりました。

 

入り口から入り名前を伝えて待つ事数分、富由さんの姿が、「遥々埼玉県からお疲れさまでした」と笑顔で迎えてくれると、安心感から全身から緊張感が消えていくのがわかりました。

 

簡単な近況報告が終わると蔵見学が始まりました。蔵はとても大きく内部に入ると、清潔感に溢れ、徹底した衛生管理がなされているのが伝わってきます。

 

焼酎が出来るまでの工程を丁寧に説明していただきました。かなりの重労働で衝撃を受けましたが、一本の焼酎に対する蔵人たちの想いがその重労働を可能にしているのだと感じました。

 

そして出来た焼酎は鹿児島酒造の蔵人全員の想いが詰まった傑作となっており、感動を与える焼酎に仕上がっています。

 

蔵見学が終わると故黒瀬杜氏からその技術を引き継いだ二代目弓場杜氏とお話させていただき、契約させていただきました。その後夜食事をご一緒させていただく事に。

 

その食事の席で弓場杜氏と話をさせていただきましたが、焼酎造りには一切妥協ない厳しさと、こちらのどのような質問にも丁寧に親身になって答えてくださる謙虚さを合わせ持つ素敵な方でした。

 

食事をしている最中にも弓場杜氏に対して富由さんが意見をいうことがありましたが、その時の表情は食事の時でも二人とも真剣そのもの。人を魅了する焼酎が出来る理由が分かった気がしました。

 

食事が終わるとお互い頑張りましょうと握手を交わし帰路につきました。

 

当店では「さつま諸白・こいじゃが・元祖やきいも・大島・にごり酒」を取り扱わせていただく事になりました。

 

是非お買い求めください。