· 

福島県 豊国酒造さんと契約へ②

一歩己
一歩己
一歩己
一歩己
一歩己
一歩己

R1年10月10日福島県古殿長へ車を走らせました。古殿町は福島県でも太平洋側、茨城県寄りに位置します。インターを降りて30分程車を走らせると豊国酒造があります。

 

到着すると矢内さんが出迎えて下さいました。豊国酒造が雑誌に掲載されている話で盛り上がり一息つくと、「まず古殿町を案内しますよ」と矢内さんが運転する軽トラに揺られ山道を少し登ると、芝が綺麗に整備された公園に案内されました。「ここから古殿町が一望できるんです」と言われ公園の小屋に案内されると、目に飛び込んできたのは古殿町の大自然と山間に囲まれた美しい街並みでした。そのほぼ中央に豊国酒造が鎮座して存在感を放っていました。

 

次に豊国酒造の酒米を栽培している田んぼへ。田んぼは小学校の真横に位置しており、矢内さんは「小学校に通う子供達が日々目にしていた田んぼから酒米が収穫され、一歩己が造られていたことを知った時に若者が誇れるお酒になってほしい」という想いでこの位値に田んぼを持っている農家に酒米作りを依頼したとのこと。

 

その後も古殿町の案内をしていただき古殿町に対する強い想い、愛を矢内さんから感じることができました。

 

蔵に戻り案内されると、まず歴史がありながらも古くも新しい品のあるモダンな創りの蔵に圧倒されます。設備も古くからあるものもあれば、最新の設備も多く導入されています。

 

丁寧に製造工程の説明をしてくださり、夜に食事をご一緒させていただく流れに。

 

地元の名店である中華料理屋で美味しいご飯をいただきつつ、一歩己の純米酒、純米吟醸を飲ましていただき改めて一歩己の素晴らしさに浸り楽しい時間もあっという間に過ぎていきました。

 

帰り際に今後もお互いに頑張っていきましょうと固い握手を交わし帰路につきました。 

 

今回の蔵訪問で矢内さんの古殿町に対する強い想い。人柄がでたこの素晴らしい日本酒を皆さまに知ってほしいという想いがより一層強くなりました。

 

細野商店に12月より入荷しています。一歩己を飲めばきっと素晴らしい出会いになると思います。