刈穂酒造

刈穂 日本酒 地酒

秋田県大仙市 刈穂酒造

1913年(大正2年)、出羽鶴酒造の兄弟蔵として秋田県神宮寺町(現・大仙市)にて創業。「刈穂」の酒名は、百人一首の最初の歌としても知られている『秋の田のかりほの庵のとまをあらみ わが衣手は露にぬれつつ』に由来します。

刈穂蔵の最大の特徴は、酒を搾る昔ながらの六槽の酒槽(さかふね)です。代表的な吟醸酒「六舟」の酒名の由来でもあります。全量を酒槽で搾る蔵は全国的にも珍しく、純白の酒袋からゆっくりと搾られる原酒の香りは、ふな口から流れ出る清冽な音と相まって凛とした雰囲気を感じさせます。

 

 


刈穂純米吟醸六舟 日本酒 地酒

刈穂純米吟醸六舟 720ml

刈穂純米吟醸六舟 日本酒 地酒

刈穂純米吟醸六舟 1800ml

刈穂六舟サマーミスト純米吟醸 日本酒 地酒

刈穂六舟純米吟醸サマーミスト 720ml

刈穂六舟純米吟醸サマーミスト 日本酒 地酒

刈穂六舟純米吟醸サマーミスト 1800ml


刈穂山廃純米超辛口 日本酒 地酒

刈穂山廃純米超辛口 720ml

刈穂山廃純米超辛口 日本酒 地酒

刈穂山廃純米超辛口 1800ml